inmyroom2

IN MY ROOM

— 8人の作家による、冬の部屋で使いたいもの、持ち歩きたいもの —

 

12.8 sat – 12.24 mon

会期中の休業日 12.11 tue , 12.18 tue

 

出展者

河合悠[キャンドル]

鬼頭黎樹[CDshop songs]

木村香菜子[陶磁器]

玉田トシ子[織り]

安福由美子[陶磁器]

宮武史郎[木とワイヤーのオブジェ]

谷藤貴志 [写真]

荒木真[音楽]

 

__________________________________________________

*LIVE(photo/sound) 12.9 sun

open 18:30 start 19:30 ¥2000

 

荒木真(音楽)と谷藤貴志(映像)によるLIVEを本田2Fで行います。

限定15名、予約制。お電話、メールにて承ります。

 

 

 

―  寒い冬は部屋の中で過ごす時間が増えるでしょう。

お気に入りを部屋に置き、暖かく過ごすために。時には外へ連れ出して、足取り軽やかに。

「本田」より、さまざまな冬の部屋をお届けします  ―
 

 

 

 

 

河合悠 Yu KAWAI [キャンドル]

軒に当たる雨の音 冬のストーブの上のやかん やかんから湯気がこぼれる 部屋を満たしていく静けさが 何よりも雄弁な時がある

そんな時に 火の灯は傍に寄り添っていてくれる。

 

 

鬼頭黎樹 Reiki KITO [CDshop songs]

見た目じゃない、内面から醸し出される、音楽の美しさ、力強さ。そして、そういった音楽が持つ、音楽の根っこの沸騰するマグマ。

僕は常日頃から、音楽に一番必要なのはそこなんじゃないか?と思いながら感動を探し歩いている様な気がします。

垣根を越え。新旧を越え。そんな音楽が見つかるお店でありたいです。

 

 

木村香菜子 Kanako KIMURA [陶磁器]

寒い冬の季節。木枯らしから守ってくれる居心地の良い部屋を、より親密に彩れるような器を紹介したいと思います。

 

 

玉田トシ子 Toshiko TAMADA [織り]

特に目だつものでなくても、あれば、何となく日常に彩りを添え、気持ちを和ませるもの、そんなものを作りたいと思っています。

あとは、糸や布と相談して。

 

 

安福由美子 Yumiko YASUFUKU [陶磁器]

石川県金沢市生まれ。服飾関係、デコレーターを経て、趣味で続けていた陶芸を本格的に学ぶため京都造形芸術大学へ。

現在、cafe coconを営みながら作陶活動も行う。

 

 

宮武史郎 Shiro MIYATAKE [木とワイヤーのオブジェ]

冬、部屋で過ごす時間。 何が必要だろう。 温かい飲み物、柔らかな毛布、ストーブ。

…そこに対話があれば体感温度も上がるだろうな。そんな思いから、木を削ってみました。使うのは海辺で出会った流木たち。

そんな彼らの旅の話でも聞くつもりで作りました。わずかな塩の匂いと彼らの物語を、 そしてともに過ごす人との話を楽しんでいただけると幸いです。

 

 

谷藤貴志 Takashi YATO [写真]

谷藤貴志:写真家

Exhibition:2003.6「White Paper」 コニカプラザ、東京

2003.8「White Paper」 ライトワークス、横浜

Group Exhibition:2011.12「EDANE NEXT DOOR アトリエの風景」 EDANE、大阪

 

 

荒木真 Shin ARAKI [音楽]

荒木真:音楽家

これまでにアルバム“A SONG BOOK”,“HALLS”を発表。

ファッション・ショーの音楽、写真家や舞踏家とのコラボレーションを行っている。

“Jazz Collective”の一員としてロシア政府より招聘を受け演奏。サポートとしてEXILE、haruka nakamura等多数アルバムに参加。

 

 

TOPへ戻る

Copryright© 2012 honda. All Rights Reserved.