champagneglasses000

フルートグラスと色絵八角塩入れ

17〜18cm高 (グラス)    sold

9cm幅 (塩入)    sold

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルートグラス

フランス

19世紀末

5.5〜6cm径  ×  17cm〜18cm高

売約済み

 

 

・詳細

吹きガラス成形によるフランスの大衆的なフルート・グラス。

不揃いな形や重さから、手慣れた速さで吹いていくガラス工の姿が浮かびます。

鉛を含有する半クリスタル質で、ほどよい緊張感や口あたりの良さを感じながらも

何の飾りもない厚手のフルートグラスは、気負いなく日々使えます。

ビストログラスの炭酸用といったところ、円錐形は泡がとても美味しい。

フランス1900年前後の民衆的な量産グラスは、ガラス工芸の欄外かもしれませんが、

文化と風土を備えた、タフなガラス器が僕は好きです。

 

 

・備考及び詳細

四脚全て無傷の良好な状態です。

経年による硝子スレがあり、気泡や器面のうねりには個体差があります。

ぐらつきは殆どありません。

 

容量 約100ml

 

※ フルートグラスに関しては、個別にお選びいただけません。

こちらで選ばせていただき、ご発送いたしますので予め何卒ご了承願います。

 

※状態につきまして、不安や心配のある方は事前にお気軽にご質問くださいませ。

通販でのご購入の場合、状態を理由としたご返品は原則受付いたしかねますので、何卒ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色絵八角塩入れ

フランス

18世紀

9cm幅 × 4cm高 × 8cm奥行き

売約済み

 

・詳細

フランス北部、ルーアン産の色絵塩容器。

シノワズリの名残を見せる文様が、赤と青で着彩されています。

塩入れの中でも型造りが凝っており、絵付けも丹念で、時代の上がるものと思われます。

塩は当時の貴重なもの。華やかな容器におかれ食卓で大切に使われていました。

江戸期には「阿蘭陀」としてフランスの錫釉陶器も舶載されており、

こんな塩入れは茶道具の蓋置きなどに見立てられたようです。

 

今回はグラスと合わせて、ライムとミントの葉を。

薬味入れにでもして、卓上に置くだけで少し愉しい気分です。

 

 

・備考及び状態

口縁に僅かに欠損と脚部に一箇所の銀直し、釉薬の削げがあります。

錫釉陶器のとりわけ塩入の中でも、非常に良好な状態の部類かと思います。