E202DC1E-EC8D-40DF-8FD9-3162CFEBE167

初期御深井釉花菱形向付

17cm縦

 

sold

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初期御深井釉花菱形向付

江戸前期 17世紀前半

17cm縦×14.5cm幅×3.7cm高

売約済

 

 

美濃で焼かれた初期御深井釉の花菱形向付です。

型打ちで花菱のかたちとし、内には木瓜の引花文をあしらい、

鉄絵と呉須の2色で草花が描かれた、屈託のない線が心に沁みます。

 

通常は、初期御深井釉の向付の裏には円錐形の足がおおいですが、

本品は半環足が付けられており、織部や志野向付と同種の造りです。

それは初期の中でも最初期と考えられ、弥七田窯の作品の可能性も示しているようです。

 

華やかな美濃桃山陶の意匠を受け継ぎながらも、

綺麗さびへの過渡期を現すような美濃陶のひとつと思います。

 

 

 

※縁に簡易的な修繕、器体や足は直しも無く良好

 

 

 

TOPへ戻る

Copryright© 2012 honda. All Rights Reserved.